Production for Reduction

“Factory for Urban Living”というテーマの展覧会が韓国ソウルにて2018年3月から4月にかけて開催されました。北京、平壌、ソウル、台湾、東京における大学や建築設計事務所が集まり、各都市の工業と住まいに関わる問題提起と新しい可能性についての建築提案を行いました。小林恵吾研究室からは小林先生と修士2年のメンバーが中心となって東京墨田区の準工業地域を対象地とした住宅の提案を行いました。現地ではアジア各地の学生や建築家たちと交流する機会もあり、産業や建築に対する知見を広げることが出来ました。

<提案概要>
“Production for Reduction”

今日、東京の都市は、人口の減少、極端な高齢化、単身者の増加など、いくつかの顕著な社会問題に直面しています。約820,000の空き家があるといわれる一方で、多くの新しいアパートがまだ建設されている状況です。特に下町地域ではかつての町工場が単身者向けのアパートなどにとって替えられています。
新しい技術が「作りかた」から「作ること」自体のためへ移行することを可能にするため、「会う」、「話す」、「刺激する」、「思考する」、「共有する」などの創造的工程に焦点を当てます。これらの要素は、既存の近隣から隔離された新しいアパートの単身者たちの日常生活から欠けているものでもあるのです。
このプロジェクトは東京墨田区を敷地に、生活の生産と製品の生産を組み合わせることを目指しています。ここでは地域住民のために、窓フレーム、階段、バルコニーなどのカスタマイズされた建物要素を生産し、それは物理的および社会的手段の両方を介して再びコミュニティの繋がりを生み出します。減少時代のこの時期だからこそ、一見非効率にもみえるこの考え方が大切なのです。

Factory for Urban Living

Location: Seoul, South Korea
Program: Research & Exhibition
Area: NA
Client: Factory for Urban Living
Status: Exhibited March 2018
Collaborators:
K2LAB (Waseda University)
Today, the city of Tokyo is confronting several prominent social issues, such as shrinking population, extreme aging and growing single population. There are around 820,000 empty houses in the city while many new apartments are still being built, replacing family owned factories with small rooms for singles.
As the new technology allow the shift from “how to make” to “what to make”, more focus shall be given to production steps such as “meet”, “talk”, “inspire”, “think” and “share”. Coincidentally, these steps are precisely what is missing from the daily lives of those singles in new apartments, isolated from the existing neighborhoods.
This project in Sumida Ward, aims at combining the production of living activities with production of products. Customized building elements, such as windows frames, stairs, and balconies are to be produced here and shall be installed into neighboring buildings. It slowly rehabilitates its community through both physical and social means, perhaps inefficient but necessary in this time of reduction.

K2LAB, together with NoRA, has participated in the exhibition in Seoul called “Factory for Urban Living” organized and curated by Nina Lappaport and Dongwoo Yim of PRAUD. Architects from several asian cities(Beijing, Pyongyang, Seoul, Taipei, and Tokyo) were invited to exhibit architectural visions for coexisting of production and living spaces in urban context.
Instagram: #factoryforurbanliving

 

10か月前