THESIS

Master & Bachelor

2019年度

  • KIM Shinyon/『斜面地の集団住居形態と私的領域性の関係に関する研究 -韓国釜山市「甘川文化村」を事例として-』
  • 上西 優太 UENISHI Yuta/『音楽ホールの副次的空間における利用実態とその特性に関する研究-東京23区内の公立音楽ホールの実地調査と分析を通して-』
    A study on the use and the characteristics of the secondary space within music halls -Through field survey and analysis of public music halls in central Tokyo-
  • 杉原 岳 SUGIHARA Gaku/『都市内外国人集住区における生活拠点の分布特性とその実態に関する研究 -新宿区大久保地域の実地調査を通して-』
    Research on the Distribution of Living Bases and its Actual States within the Foreign Residents Concentrated Urban Area − Through the Case Study of Okubo District of Shinjuku Ward −
  • 清水 一樹 SHIMIZU Kazuki/『フリーテクノの空間特性をモデルとした、都市における自由な音楽消費活動に関する研究ー東京23区内における中小規模クラブハウスの利用実態の調査を通してー』
    A Study on Flexible Music Consumption Activities in Urban Using the Spatial Features of FreeTekno -Through a Survey of Usage of Small and Medium-sized Clubhouses in Central Tokyo-
  • 上田 留理子 UEDA Ruriko/『クラウドファンディングによる空間の形成の傾向とその特性に関する研究』
    The tendency and characteristic of architectural projects using crowd funding
  • 村中 祥子 MURANAKA Syoko/『都市における予定地の暫定的空間利用に関する研究-東京都内の利用実態分析を通して-』
    Research on the uses of temporally suspended urban sites -Through the analysis of actual cases-
  • 竹中 遼成 TAKENAKA Ryosei/『建築における『Ugliness』に関する研究―Robert VenturiとRem Koolhaasの分析を通して―』
    『Ugliness』 in Architecture ―Through the analysis of Robert Venturi and Rem Koolhaas―
  • 小川 真平 OGAWA Shimpei/『Cedric Price の情報技術に対する建築的解釈と後期作品に与えた影響に関する研究』
    Cedric Price’s Architectural Interpretation on Information Technology and Its Influence on Development of Works in Later Years
  • 棚田 有登 TANADA Yuto/『1960-70年代の西洋建築構想における日本の広場的特性に関する研究-Archigram 及びCedric Priceの作品分析より-』
    Trait of “Japanese Squares” in Western Architectural Conception in the 1960s-70s -Through the Analysis of Works by Archigram and Cedric Price-
  • 亀田 琴未 KAMEDA Kotomi/『銀座のファサードの変遷からみるメディアファサードに関する研究‒中央通りの商業ビルファサードの立面分析を通て‒』
    Research on Media Facades in relation to the transition in time of Ginza facades
  • 篠原 岳 SHINOHARA Gaku/『建築デザインプロセスにおける人工知能の有用性に関する研究―人間とGANによる形状合成の比較分析を通して―』
    A research of the feasibility of artificial intelligence in the process of architectural design ―through the comparative analysis of shape synthesis by humans and GAN―
  • 小田切 寛樹 KOTAGIRI Hiroki/『建築における0次創作物と1次創作物の関係性に関する研究~セルフ・ビルド建築の製作過程調査を通して~』
    A Study into the Relationship Between Preparatory and Final Works in Architecture – through a research of the production process of self-built architecture –

2018年度

  • 成澤勇『住宅空間と居住者の住生活の合致性から見た農村住宅に関する研究―中国張家口市「下八里村」を事例として―』
  • 板谷萌絵 ITAYA Moe/『接続都市―都市内多拠点居住から見る機能拡散型都市東京の未来――』
    -The condition of urban multi-hub residents and the urban structure supporting them-
  • 田淵 ひとみ TABUCHI Hitomi /『密集居住区の街路空間における構成要素の生成・維持メカニズムに関する研究ーバンコク・クロントイ70ライ地区の路地空間分析からー』
    A study of constituent elements of the street-scape and mechanism of generation and sustainability within dense residential district – Through analysis of Bangkok’s Klongtoei 70rai area alley ways –
  • 川見 夏海 KAWAMI Natsumi /『外国人居住者による外部空間活用事例とその成立条件に関する研究ー神奈川県いちょう団地の実地調査を通してー』
    Study on the Conditions behind Exterior Space Utilization by the Foreign Residents -Through a Case Study of Icho Housing Complex in Kanagawa Prefecture-
  • 中村 なぎさ NAKAMURA Nagisa /『本が持つ媒介としての性質と空間との関係に関する研究ー東京都内まちライブラリーの実態調査を通じてー』
    A study on the aspect of books being a medium and their relationship with spaces -through a Survey of Machi libraries in Tokyo-
  • 石田 有里 ISHIDA Yuri /『都市における単身者の生活圏域と行動に関する研究ー渋谷区笹塚周辺の調査を通してー』
    A study on behaviors and their ranges of singles population in the city – based on surveys from Sasazuka Area in Tokyo –
  • 床尾 楓 TOKOO Kaede /『空間の抽象化手法と建築要素との関係に関する研究ーRoyal Shakespeare Companyによる公演「Romeo and Juliet」の舞台装置分析を通じてー』
    The Relationship Between Spatial Abstraction Techniques and Architectural Elements -Through the Analysis of the Stage Set of The Royal Shakespeare Companys’ “Romeo & Juliet-
  • 柿木 瑛里香 KAKINOKI Erika /『Constant Nieuwenhuys-“New Babylon”の概念の展開について ー後期New Babylonの絵画作品にみる空間的視点ー』
    Expansion of Concept in Constant Niewenhuys’s New Babylon -Spacial Prospective in Artwork of the Second Half of New Babylon-
  • 千田 浩己SENDA Hiroki /『Maarten Van Severenによる作品製作手法とその理念に関する研究 ーMaison à BordeauxにおけるOMAとの協働事例の分析を通じてー』
    A Research on Methodology and Philosophy behind Works of Maarten Van Severen -Through the Analysis of His Collaboration with OMA on Maison à Bordeaux-
  • 中村 竜太 NAKAMURA Ryuta /『Gordon Matta-Clarkの空間の捉え方に関する研究 ー<Building Cut>の写真作品と3次元モデルを活用した分析を通してー』
    Gordon Matta-Clark’s Concept of Spacial Recognition: Through Analysis of the Photo Works and 3D Modeling of〈Building Cut〉
  • 乙戸 理央 OTSUDO Rio /『都市における外装タイルの利用傾向と建物との相関関係についての研究ー新宿区での実地調査を通してー』
    A study on the correlation between building types and the ways tiles are used on their facades -Based on the field survey within Shinjuku ward in Tokyo-
  • 佐藤 亜有子 SATO Ayuko /『内部空間における自然光による明暗が印象に与える影響に関する研究ー評価基準の更新と定量化を目的としてー』
    A Study of the Effect of Natural Light on Impressions of Indoor Space -aiming at updating evaluation parameters and quantifying the effect-