BEZOAR by CHARLOTTE DUMAS at the GINZA MAISON HERMES

2020年8月27日−11月29日の間、イタリア人建築家レンゾ・ピアノが設計した銀座メゾンエルメスの8・9階にて、オランダ人建築家・アーティストであるシャルロット・デュマの展示会「ベゾアール(結石)」が開催されており、小林恵吾研究室は設計事務所と共同で展示の空間構成を行いました。

本展示では、デュマの近年の映像作品3点を中心に動物と人間の関わり合いを再考するものであり、複数の展示空間を弧で繋げた木材のオブジェクトは高さによって壁や椅子として機能が変化し、彼女の紡ぐ物語を様々な視点から見つめることができます。

From August 27, 2020 to November 29, Charlotte Dumas, a Dutch architect and artist, held an exhibition “Bezoar (calculus)” on the 8th and 9th floors of Ginza Maison Hermes, designed by Italian architect Renzo Piano.

In this exhibition, we reconsider the relationship between animals and humans, focusing on three recent films by Dumas. The wooden objects that connect multiple exhibition spaces with an arc change their functions as walls and chairs depending on their height, and you can see the stories she spins from various viewpoints.

photo : ©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès

8か月前